torneの為にPS3(CECH-2000A)のHDDを大容量1TBへ換装

私のPlayStationライフはDLNAでの動画再生が主

使い方は人それぞれ。利用条件の違いによりHDD換装までの道のりが微妙に異なってきますよね。そこで先ずは私の使い方を。

  • torne + PS3 による録画と再生が主
  • ゲームは基本的にしない(ダウンロードソフトも試しに利用した2,3本程度)
  • HDDは殆どが録画データで埋まっていて、容量不足による撮り逃がしが多発…
  • nasneあたりも魅力的だが余計なモノを増やしたくないので、なんとか内蔵HDDで済ませたい

HDD交換の目的と結果

目的は単純でHDDを最大容量まで確保しよう!に尽きます。ですが中身が空っぽになってしまうのもちょっと困りますので(再設定が非常面倒、及び録画データが消えてしまうのは残念という理由より)、以下の点を目標に据えます。

結果も先に書いてしまいます。

No. 目標 結果
1 PS3の設定をそのまま復元できる
2 torneの記録(録画時間とか)が復元できる
3 録画したデータが問題なく再生できる

データコピーに失敗(No.3の説明)

データバックアップの時間を最短にする為に torne の録画データを全て外付けHDDに移動しておき、HDD換装後に戻そうと思っていたのですが、本体HDDへ戻すことができませんでした(外付けHDD内データの移動先として本体HDDが選択できない)

乾燥後も引き続き本体HDDへ録画データを保持しておきたい場合は本体HDDのバックアップ時に録画データもまるごと対象としてしまえばよいのかなと推測しますが、私自身では未検証のため保証の限りではありません。
(これを試そうと本体HDDにも番組をひとつ残しておくつもりだったのですが、つい全てを外付けHDDに移動してしまっていました…)

結果、換装前の録画データは退避先の外付けHDDから閲覧するしか術がなくなりました。

HDDの換装からデータのリストアまで

ここからは手順を記載します。

1. HDDの調達

換装用HDDと、既存PS3データのバックアップ/リストア用外付けHDD(大したデータがなければ数GBのUSBメモリで良いでしょう)

  • 換装用HDD
    HGST 1TB AFT 5400rpm

  • 外付け用HDD FAT32でフォーマットしておく Windows標準搭載ツールでのFAT32フォーマットでは容量制限(32GB)がある為、FAT32 Formatter 等のサードパーティツールを利用してフォーマットしておく

<補足>PS3オフィシャルには以下の規格のHDDがよいとのこと。

  • シリアルATA(SATA)
  • サイズ: 2.5インチ
  • 厚さ: 9.5mm
  • 回転数: 5,400rmp(発熱の問題)
  • 非AFT

ここでポイントになるのがAFTです。1TBのような大容量ディスクの場合は基本AFTとなります。調べたところによると、ゲームによってはカクつく事象も発生するようですが、私のように録画専用機に近い場合は容量の方が死活問題ですので、この点は目を瞑ることにしました。

2. バックアップの取得

録画データが大量にあるので、本体のバックアップ取得時間を短縮する目的でまず外付けHDDに録画データを退避しました。(が、前述のとおり微妙な問題があったので、確証はないですがやめておいた方が良いかと思われます。)

そして外付けHDDに本体のバックアップを取得します。

設定 > 本体設定 > バックアップユーティリティー > バックアップ

終わったらtorneは外しておきました(なんとなく。個人的な感覚)

3. アップデートデータの取得

ここで一度、外付けHDDをWindowsやMacに接続します。

バックアップを取得すると、外付けHDDに PS3/EXPORT が作成されているはずですので、PS3直下に UPDATE を作成します。

PS3 ┬ EXPORT (バックアップフォルダ)
    └ UPDATE (PS3のファームを格納するフォルダ)

UPDATE内にオフィシャルサイトから取得した最新ファームを保存します。結果、以下の様な構成になります。

PS3 ┬ EXPORT (バックアップフォルダ)
    └ UPDATE (PS3のファームを格納するフォルダ)
      └ PS3UPDAT.PUB

そしてまたPS3と外付けHDDを接続し、本体の電源ON。指示に従いアップデート作業を実施します。

4. データのリストア

無事にPS3が起動したら最初のバックアップデータをリストアします。
※ 固定IPアドレスの設定等を含め全て元に戻るのですね。想定以上でした。

設定 > 本体設定 > バックアップユーティリティー > リストア

その後は torne を起動して今までどおり利用できるはずです。

ここまでの作業(HDDの換装からリストアまで)の所要時間は1時間程度(事前の外付けHDDへのデータ移動は除く)

PS3はフォーマットで容量が少なくなる(衝撃的事実)

HDDのリストアが終わった時点で 825GB / 931GB という状況。本体HDDの容量はかなり減らしておいたので、この消費量は明らかにおかしいと思い調べてみたところ衝撃な事実を発見。

システム予約領域として使われる容量としてハードディスク(HDD)容量の約10%をあらかじめ確保
via HDD換装後の空き容量について

仕様として正常なことは理解しましたが、なんとも解せぬ動き。
いずれにせよ大容量録画環境を用意できたので、当面は安心です。

スポンサーリンク
ad_336x280
ad_336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad_336x280