『人生がときめく 片づけの魔法』(近藤麻理恵)を読んだ

こんまり先生で話題の『片づけの魔法』を読んだら片付いた

部屋の片付けがなかなかできない(モノが捨てられない)性格なのですが、本書をきっかけにだいぶ部屋が片付きました。

あまり片付け本を読んだことがないので正確ではないかもしれませんが、どの本も言っていることは結局、「ものを捨てましょう」ということなのだと思います。その点は本書も同じですが、特徴を挙げるとすれば「ときめかないものは捨ててしまいましょう」という考え方。整理対象のものをバーっと床に並べて捨てるものを選別する際に一瞬でも考えてしまうようなものは既にときめくものではないので、それは捨てる対象となります。

ときめきだけで捨てられるのなら苦労はないが

ぶっちゃけ『そうは言っても、ものが捨てられない人というのはその捨てる判断で割り切ることができないから、結局残ってしまうんだよ』と思います。先生のコンサルがある場合は、先生が傍で見ていて、クライアントが悩んでいたら「捨ててしまいましょう」と後押しをしてくれるから上手くいっているのだと思います。第三者から背中を押してもらえると少なからず割り切りがよくなるでしょうから。

じゃあ、モノを捨てれば部屋を整理できると理解できている人が実際に行動を起こすにはどうするのか。ここが最も大切なところ。私は今回、本書を読んでモチベーションが上がったのでやっと行動に起こすことができました。

ターゲットは、ワンルームマンションで小さい部屋の一角を専有している物置棚。いろいろ置けるので収容効率は良いのですが、収容することに固執することをやめるという考え方を持ちました。整理するために棚を置くのではなく、整理をしなくて済むようにするためにモノを捨てて、空いた棚もあわせて捨ててしまうこと。こうすると自然に、置く場所がないから不要ないらないモノは買わなくなり、部屋がシンプルになるので床掃除もしやすくなり、その結果埃も少なくなるのであまり汚くならない。この好循環を作り出せた気がします。

繰り返しになりますが、結局、モノを捨てるためのモチベーションを何をきっかけにして作るのか、ということでしょう。そして今回私は、本書でそのモチベーションを掻き立てられました。