白夜行(東野圭吾)を読んだ

小説を久々に読んでいる。そのひとつめ。 手にとった本の分厚さで億劫になったけれども、読み進むに連れてペースが上がっていった。

読みきった感想は「終わった」と同時に、ボケーっとしていた。 読者に考えさせる形で終わったのが興味深い。しばらくして、検索エンジンで「白夜行 考察」と調べまわっていた。エヴァンゲリヲンを観終わった後の感覚に似ている(笑)

二人の物語を軸に進んでいく形になるけれど、それぞれの行動が繋がっていく様にワクワクする。もっとも、この関係性に気づいたのはかなり終盤だったけれども。

いくつか、不明のまま終わった事件が気になったけれど、これも想像させているのだろうと解釈することにする。

狙ったわけじゃないけれど、帯とかに書かれている情報(概要)を一切見ずにクリアな頭で本編を読み始めたのが、更によかった。

考察メモ:東野圭吾『白夜行』の感想と考察:ネタバレ

白夜行 (集英社文庫) | 東野 圭吾 |本 | 通販 | Amazon